カテゴリー「文化・芸術」の記事

2012年6月12日 (火)

ペイント

ハモンドオルガンのケースにペイントを施しました、両面に描いたので超目立ちます
作業を始めたら止まらず、他にやるべき事をせずに休日が終了~まあいいか

Cimg5862 Cimg5865

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

落書きペイント

ドラムの下にひく板のペイントを変えました、当初はドクロでキメようと思ったのだが下書きの段階でカッコよくない
その上から仕事で使うヘアーマニキュアでペイントしてみました、近くで見るとそれなりにきれいなのですがインパクトがありません
Cimg5692
そこで缶スプレーでストリートgraffiti風な物に変更しました「Rock on!」と言う文字を中心にペイント開始、絵のベースに塗る缶スプレーは回りに飛び散るので野外で作業しました、風の強い日だったので効率よく塗れません大半が吹き飛んでしまいます
また、使用する塗料はカインズホームブランドの安いヤツです、有名メイカーのものは割り高なので買いません・・ただノズルの具合が1パターンなのでグラフティーには向かないようです
乾燥させるのに一晩外においておいたら塗装面に虫やら小枝やら色々張り付いてました
まあそれも味の一つかとそのままにしてありますが
20120512_170403 Cimg5697

やはり室内での作業は効率が良いですね出来れば立ってやりたいところですが1500cm×1300cmの大きさなので立てかけて作業しました。
手の空いたすきにやったので完成まで1週間くらいはかかってます。
Cimg5702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

蚕影様物語②

昔は効果音やBGMを流すときはCDやMDを使ってましたが最近はこれローランドのSP-404
ポン出しするのに最適ですCDなどと違ってタイムラグがなく照明や演技とバッチリ手動同期させることが出来ます、この機種はすでに型遅れですがさらにバージョンアップした機種も発売されているはずです。
メモリーにネタを仕込んでおいて後はボタンを押すだけです

Cimg4860

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

蚕影様物語

2006年に「蚕影様物語」という演劇のお手伝いをしたときに劇で使用する効果音を担当させて頂きました、当時メインテーマや場面などで使う曲が無かったのでこの物語をイメージしてオリジナル曲を作りました、そして数年ぶりにもう一度この蚕影様物語を富岡のかぶら文化ホールでやる事になり今回も音響効果音で参加する事になりました。
以前作った音源を聞いてみたところ詰めの甘いところがあり、すこし手直しする事にしましたしかし当時のデータがまったく見つからず多分一から作り直す事になりそうです幸い譜面は取ってあったのでラッキーでしたが・・
機材はYAMAHA AW4416で録音します、効果音作りはSY77、SY85・・このシンセもかなり年代もんですね最近はほとんど出番がなかったので使えるかどうか心配でしたが電源も入り音も出ましたパソコンの周辺に機材を並べてセッティングすると・・足の踏み場がヤバイとりあえずは簡易スタジオの出来上がりです。

Cimg4852 Cimg4859

| | コメント (0) | トラックバック (0)